本町Terminal

北九州市若松区に旅人が集う場所を

JOURNAL

若松で焼き続けて半世紀!?タイムスリップしたような懐かしい焼き鳥屋さん

若松で焼き続けて半世紀!?タイムスリップしたような懐かしい焼き鳥屋さん

 

こんにちは、枝光です。
今日は青空な1日でした!
天気がいいと心もスッキリしますね…

 

若松で焼き続けて半世紀!?お父さんの思いを繋いで…

 

ということで、今回は若松で50年(半世紀)続く焼き鳥「丸ちゃん」にお邪魔して来ました!

「丸ちゃん」

名前から愛らしさがめちゃくちゃ伝わってきます。

「丸ちゃん」

呼びやすいし、なんだか可愛い名前。
そんなことを思いながらさっそく入店。

 

早い時間でしたが、店内は仕事終わりのサラリーマンでゴタゴタ。

お腹ペコペコだった枝光は、
お店に入った瞬間の焼き鳥のいい匂いに瞬殺されながらカウンターの席へ。

とりあえず、焼き鳥のいい匂いをおかずにまずは1杯。

思わず…

「あぁ〜」

一息ついてしまいました…
キンキンに冷えたビールが喉にしみるー!!

そして、さっそく食べる!

< 左:きくらげの小鉢 / 右:皮酢の小鉢 >

焼き鳥が焼けるまでの間はこの小鉢!
あっさりと食べれるので、焼き鳥を食べる前には絶品の一品。

 

絶妙な塩加減。

昔から変わらない味わいが伝わってきます。

 

「リリリリリーン」と響く黒電話。
今はなかなか目にする機会も少なくなってきました。

店内の雰囲気も昭和の時代にタイムスリップしたかのような気分に。

 

焼き鳥以外にもあった!
「丸ちゃん」名物。

 

焼き鳥やさんですが、ここには焼き鳥以外にも名物があるんです。

それがこちら!

これが丸ちゃん名物

「サクサク厚揚げ」。

 

普通の厚揚げではありません。

たっぷりと盛られたねぎ。

外はちょーサクサクの揚げ。

中はトゥルントゥルンのお豆腐。

この絶妙なコンビネーションがたまりません。

 

やっぱり他のお客さんもこの「サクサク厚揚げ」だけは欠かせないようで、
周りのお客さんも1組に1皿は注文してありました。

食べてみないとこの美味しさはなかなか理解しがたい。笑

 

 

昔から変わらない雰囲気。

そんな雰囲気に変わらず通うお客さんも少なくありません。

昔から今まで愛されている焼き鳥丸ちゃん。

昨年、先代が他界して現在は娘さんがお店を引き継いでいます。

50年も昔からずーっとこの人気が変わらないのも、

この味と懐かしい雰囲気がずっと受け継がれているから。

 

 

ぜひ、皆さんも焼き鳥「丸ちゃん」に遊びに行ってみてください〜

きっと、虜になるはずです!

 

 

■ お店情報

丸ちゃん
福岡県北九州市若松区本町8-18
Time 18:00-22:00
Close 不定休

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Access

〒808-0025 福岡県北九州市若松区中川町6-14(NAKAGAWASpoil内)

google mapで見る

Special Thanks